その人に寄りそい この地域でいっしょにあゆむ     「生きる」を ささえる

保育士
保育士
生活支援員
管理栄養士&生活支援員

2020/01/01 謹賀新年 謹んで新春のおよろこびをもうしあげます。
 日本国憲法に定められた権利としての社会福祉が崩されようとする中、当法人では、人権尊重の施設づくリを基軸に事業を進めて参りました「財団プラン(五年計画)」では特にすみれ保育園・城束老人ホーム(特養・養穫)・すみれ病院の新築建て替えや各種事業の間設など「城束福祉ゾーン構想」の実現にむけて力をそそいできました。
今年も改憲の動さが取りざたされるなか、憲法を学び守り、誰もが平和のうちにゆたかに暮らせる社会をめざし連帯と共同の取り組みをすすめていく所存です。
本年もよろしくお願いいたします。
2019/12/18 城東特別養護老人ホームの来春4月改築オープン準備がすすんでいます
城東特別養護老人ホーム、城東養護老人ホームとすみれ病院の複合新施設の建設工事もすすみ、2020年4月特別養護老人ホームと養護老人ホーム部分がリニュアルオープンします。従来型の特養から全室個室のユニットケアに移行し、定員も現在の70床から93床へ増床となります。
2019/11/01 第43回「福祉まつり」が開催されます。11月10日(日)城東地域
11月10日(日)に、みんなで築こう!平和で安心して暮らせるまちを テーマに今年も地域のみなさんと福祉施設が協力して「福祉まつり」を開催します。<主催は「福祉まつり実行委員会」>中央舞台でのこどもたちや地域の各種団体の発表や縁日通(模擬店や物品販売)そして6つのひろばで展示や体験を、囲碁将棋での対局とたのしい企画でお待ちしています。開催時間は9時30分から15時まで 場所は大阪市城東区古市・大阪市立菫中学校北側の大阪福祉事業財団の各施設とその周辺です。
2019/08/24 公開講座を開催します (9月26日)
大阪福祉事業財団では、フォトジャーナリス安田 奈津紀さんをお迎えして、『写真で伝える世界~東北の「今」~』と題して、公開学習会を開催します。写真をとおしてとらえる震災からの東北の今を語っていただけます。安田さんは、東南アジア・中東・アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害等の取材を進めています。東日本大震災以降、陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けられています。
参加申込や問い合わせは 大阪福祉事業財団(本部事務局まで)06-6931-0098 
2019/05/14 ~あつまれ!未来にはばたく子どもたち~ たかわし子どもまつり
子どもたちが平和な社会でより安全健やかに育つことを願い、児童福祉関係者、学校、地域の方々と第55回「たかわし子どもまつり」が6月2日(日)9時30分~ 児童養護施設・高鷲学園、高鷲保育園(羽曳野市南恵我ノ荘)の各園庭で開催されます。舞台では子どもたちの和太鼓やブラスバンド演奏、歌など披露され、模擬店も楽しめます。詳しくは高鷲学園(℡072-953-3882まで)
2019/04/01 2019年度辞令交付式をおこないました。
大阪福祉事業財団では4月1日「辞令交付式」を行い、4月1日付の管理職への昇任・昇格・異動者と一般職の異動者、計38名、新規採用者46名に理事長より辞令交付を行いました。
2019/02/10 法人創立70周年事業で「デンマーク海外視察」を行いました
法人の70年記念事業の一環として、北欧デンマークへ1月15日から1月21日の7日間派遣しました。福祉先進国デンマークでこども、障がい児者、高齢者、地域の福祉事情と北欧文化にふれ、学びを深めてきました。派遣団員は、保育士、生活支援員、介護職員、栄養士。調理員、事務職員、管理職と入職1年目から30年と多岐にわたる20名が派遣されました。法人での海外施設派遣は、今回で3回目となります。
2018/10/03 食の権利を守り おいしくたのしく いただきます!(レシピ集)を発行しました。
大阪福祉事業財団では、月刊誌「福祉のひろば」に『いただきます』で連載していましたレシピ集をまとめて『食の権利を守り おいしくたのしく いただきます!(レシピ集)』を発刊しました。頒布しますのでお問い合わせ下さい。
2018/06/18 本部事務局’(仮)事務所移転のお知らせ
大阪福祉事業財団「すみれ保育園」の移転改築にともない、本工事の準備工事のために、本部事務局事務所を(仮)移転しました。所在地は、隣接する当法人「すみれ病院」の西側「旧・国廣税務会計事務所跡」大阪市城東区古市一丁目20番4号です。しばらくご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。
電話番号、FAX番号、mail 等の変更はございません。
2018/02/01 2018年8月 法人創立70年を迎えます
社会福祉法人大阪福祉事業財団は今年創立70周年を迎えます。その前史は戦前に遡ります。前身である恩賜財団は、戦時下に兵士を戦場に送るための銃後のささえとして、その家族や母子を援護することで戦争協力した苦い歴史があります。戦後に民間法人として出発し、関目人権闘争など幾多のたたかいをへて、二度と戦争に加担しなと誓い、平和と人権、民主主義を望む綱領を作りました。その綱領の実現をめざし職員が心と力をあわせて実践を積み重ねてきました。これが当法人の原動力です。70周年事業は、職員参加のプロジェクトチームで発想豊かに、未来へつながるように準備をしています。
2019年公開学習会を開催します(9月26日)
大阪福祉事業財団では 9月26日(木)19時~ 天満橋:ドーンセンターで『写真で伝える世界~東北の「今」~」と題して、フォトジャーナリスト 安田 菜津紀さんの講演会を開催します。公開学習として市民のみなさんも参加できますので、ご参加下さい。
 

2020/01/04 2021大阪福祉事業財団 採用説明会を開催します
新年おめでとうございます。社会福祉法人大阪福祉事業財団では。2021年4月採用の「説明会」を開催します。当法人の福祉職場にご興味のある方 是非おいで下さい。職場のこと、仕事の内容、社会福祉法人のことなどなど、保育士や指導員、生活支援員や介護職員また栄養士や事務職員などの先輩職員がみなさんの知りたいことにお答えします。
 開催日時 2020年3月14日(土) 大阪天満橋OMMビル202会議室 14時から15時30分
 申込は リクルートページから 
採用選考すスケジュールもお知らせします。 福祉職場に興味ある方 お待ちしています。 
2019/12/14 2021インターンシップ説明会を開催します
大阪福祉事業財団では「インターンシップ説明会」を開催します。福祉職場や職種の魅力と法人施設や事業所を知っていただくために、「インターンシップ説明会」を1月18日(土)14時からあべのハルカス23Fキャンパスフロア「大阪健康福祉短期大学・アバンスペース」で説明会を行います。法人を知っていただく機会です。参加をお待ちします。
2019/10/25 職員採用のお知らせ
大阪福祉事業財団では、ひきつづき職員採用を行っています。来春(2020年4月採用ならび年度途中採用も含む)募集職種は支援職員(保育士・指導員・支援員・介護職員等)と給食調理職員(栄養士・調理員)です。福祉の仕事を希望される方、福祉の仕事に関心のあるかた、ともに「人の生きる」を支える仕事をしませんか。詳しくはリクルートページをご覧ください。
2019/04/01 2020年の職員採用を継続しています
大阪福祉事業財団では、2020年4月採用職員の継続募集を行っています。保育士(保育園・障がい児施設)児童指導員、障がい者支援施設、救護施設の生活支援員、特別養護老人ホームの介護職員です。特別養護老人ホームは来春リニユーアルオープンします。また、当法人は各施設とも直営で給食提供を行っています、栄養士、調理員の給食スタッフもあわせて募集しています。

地域から施設を探す